ホーム > 採用情報 > 育成制度

育成制度

世界トップレベルの生産技術者育成。それが中外製薬工業の人財開発方針です。

世界最先端のバイオ医薬と高活性製剤の生産設備を持つ中外製薬工業では、社員(人)を企業の“財産”と位置づけることで“人”(人財)の開発についても積極的に取り組んでいます。世界有数の技術を備えた「個」と「組織」を築くため、生産部門独自の育成方針を掲げ、ハイレベルでユニークな各種育成制度を用意しています。

人財育成方針 -人と技術をはぐくむ会社。中外製薬工業-

ものづくりのミッションであるQCDを高次元で追求する技術者を育成する

新しい価値を創造できる挑戦的な人財を育成する

グローバルに通用する世界トップレベルの生産技術を有する人財を育成する

コア技術を深耕・伝承し、強い組織を創る

本部戦略を策定・実行していく経営人財を育成する

人事制度

仕事を通した成長のしくみ

中外製薬工業では、会社の持続的の発展のためには従業員の成長が欠かせないと考えています。人事処遇制度は、適性や能力に応じて求められる「役割と責任」を基準として、得られた「成果」とその過程で発揮された行動を評価することを基本としています。人事処遇制度の運用を通じて、従業員のひとりひとりの成長をサポートするとともにその成果が会社の発展に結びつくことを目的としています。

技術者育成制度

(1)技能認定制度

強い「組織」を創出する「個」の技術。

品質試験や工場設備・製造工程における固有技術の習熟度を客観的に診断し、レベル認定を行います。段階的に個人がレベルアップを図れるユニークなこの制度は、若手人財のモチベーション向上と早期戦力化を大きく後押しします。お互いが切磋琢磨し認め合い、「個」のレベルアップを図ることで世界に通用する技術者として羽ばたいて欲しい。これが中外製薬工業の願いです。

(2)新入社員のメンタリング制度

先輩社員の1対1支援により、配属後の不安もありません

中外製薬工業では入社後に実施する新入社員導入研修に加え、実際の配属職場において先輩社員が1対1で指導・支援を行う「メンター(支援者)・メンティー(新入社員)制度」を独自に展開しています。

これは、先輩社員とのパートナーシップのもと、コミュニケーションスキルを活用し、課題達成・意欲促進の支援を行いながら、更に大きな業績・成果を継続的に達成できるよう相手を勇気付け、やる気を引き出し、目標達成に導くための総合支援法であり、職場配属からおよそ半年間実施しています。実施期間中はメンター・メンティーお互いが交換日誌などを通じて、仕事の進め方のみならず職場環境や私生活面でも様々な相談やアドバイスを受けることができます。

研修体系

自分でも気がつかなかった潜在能力の発掘をバックアップ

入社後の新入社員研修はもちろん、多様な人財のタイプと自己のキャリアプランをふまえて、様々な能力開発への支援と発揮のチャンスを独自に用意しています。また、中外製薬本体が実施する研修へも積極参加し、幅広い知識・スキルの習得に努めています。

  • 本文を印刷する