ホーム > 会社情報 > 事業所紹介 > 藤枝工場

藤枝工場

世界最先端の高活性封じ込め技術

藤枝工場は1971年に合成医薬品の原薬工場として創業しました。2008年に固形剤棟が完成し、合成原薬の製造から製剤、包装までを担っています。世界最先端の高活性封じ込め技術を有し、有用性の高い高活性原薬・固形剤の製造を行っています。

工場長からのメッセージ

藤枝工場長 小川 裕

藤枝工場長
小川 裕

藤枝工場は合成原薬と経口固形製剤を製造する先端設備を備えた基幹工場です。工場では、各職場のプロフェッショナル達が協力・連携して、患者さんに安心して服用していただける医薬品を製造しています。各職場では、「互いの個性を尊重し、各々の能力を最大限に発揮して、毎日、活き活きと仕事に取り組める」環境作りを目指しています。一人ひとりが広い視野を持ち、他職場の人の繋がりを意識できるように「Smile Fujieda」という若手社員主体の活動や、相互の職場を見学する交流会なども活発に行われています。藤枝工場は、信頼・尊敬し合える仲間たちと働く楽しみ、医薬品製造を通して患者さんや医療に貢献できる喜びを共有できる工場です。

担っている工程

藤枝工場の特長

  • 天然芝のサッカーグラウンドがあり、社員が休日やお昼休みに健康的に汗を流しています。一般の方への貸し出しもしています。時折、真横を新幹線が通過します。

  • 最新の固形製剤製造設備が整っている固形剤棟。製剤工程から包装工程までを担っています。

  • 固形剤棟に隣接して見学者通路が設置され、日々、企業や学校からの見学者を受け入れています。良く見ると通路が「C」の字に。

  • 2009年に新設された事務厚生棟には、製造をサポートする部署や食堂などの福利厚生施設が入っています。清潔なエントランスでは笑顔で来客を歓迎します。

  • 吹抜けの開放的な食堂。窓から臨む四季折々の自然を楽しみながら食事をすることができます。

  • ある1日の食堂メニューです。さらに小鉢やお味噌汁も付きます。健康志向の方のためのサポートメニューも充実しています。

社員紹介

アクセス

google mapでみる

〒426-0041 静岡県藤枝市高柳2500
054-635-2311

操業開始 1971年
敷地面積 216,803㎡

  • 本文を印刷する