ホーム > 会社情報 > 社長あいさつ

社長あいさつ

中外製薬工業株式会社 代表取締役社長 田熊 晋也

患者さんへの想い、医薬品製造への想いを持ったプロフェッショナル集団

中外製薬工業は、中外製薬で開発された医薬品の製造を担う会社として2006年5月に設立され、2016年には10周年を迎えました。

高品質な医薬品を安定的に患者さんや医療従事者の方に届けるべく、『人と技術を育む組織風土を通じて、コスト競争力の高い良質な医薬品を安定的に供給し、世界の医療と人々の健康に貢献します』というミッションのもと、中外製薬グループの一員として、患者さんを最優先に考え行動しています。また革新的な医薬品を一日でも早く患者さんのもとに届けるという使命のもと、治験薬製造や承認申請書に必要なデータの取得等、開発品を上市するための役割も担うようになりました。

中外製薬グループは革新的なバイオ医薬品の創薬・製薬に強みを持ち、宇都宮工場では日本最大級のバイオ生産施設を稼働中であり、浮間工場では更なる今後の開発品に対応するために新たな施設を建設中です。また、当グループは低分子医薬品、特に少量で効果を示す医薬品にも強みを持ち、藤枝工場の施設を拡張しているところです。生産や開発活動を支えるのは様々なバックグラウンドや技術を持つ人財です。当社では自由闊達な風土の中で若い人にもチャレンジの機会が多くあり、イノベーションの創出や個々人の成長へとつながっています。

私たちは生命関連企業としての高い倫理観と道徳観をベースに、病に苦しんでおられる方々への想い、薬をつくることへの想い、共に働く仲間への想いを胸に日々業務に励んでいます。

今後とも中外製薬工業へのご理解とご支援のほど、よろしくお願い申しあげます。

  • 本文を印刷する